2021年9月28日 火曜日 14:05

旅行

【温泉紹介・感想】鹿児島の絶景温泉!砂むし温泉「砂湯里」 と露天風呂「たまて箱温泉」

皆様こんにちは。リラ吉です。 今回の記事では、鹿児島の砂むし温泉「砂湯里」 と露天風呂「たまて箱温泉」についてご紹介します。 どちらも名湯と言われていますのでご参考になれば幸いです。 砂むし温泉「砂湯里」 とは 引用元:http://ppp.seika-spc.co.jp/healthy/sayuri-2/ 砂湯里は鹿児島県指宿市にある 「伏目温泉」を利用した 天然の砂むし温泉です。 砂むし温泉とは砂の上に仰向けになり、砂を顔から下の全身にかけてもらう温泉になっています。 砂の重さは20kg~30kg。 砂の重みと50℃前後の砂の熱で血行やリンパの流れを良くし筋肉をほぐします。  砂湯里は海のそばにあり、波の音を聞きながらリフレッシュできます。   露天風呂「たまて箱温泉」 とは 引用元:http://ppp.seika-spc.co.jp/healthy/tamatebako/引用元:http://ppp.seika-spc.co.jp/healthy/tamatebako/  ナトリウム・塩化物強塩泉  100℃ 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動まひ、疲労回復、健康増進等 たまて箱温泉は上記の砂湯里と同じ系列であり、砂湯里から車で5分程度のところにあります。 たまて箱温泉は露天風呂であり、室内のお風呂はありません。 お風呂は和風と洋風の2つがありますが、和風露天風呂は、奇数日が女湯・偶数日が男湯、洋風露天風呂は、奇数日が男湯・偶数日が女湯になっています。 和風露天風呂は開門岳、洋風露天風呂は竹山(スヌーピー山)が見えます。また共に海が見え、絶景を見ながらリラックスできるのが特徴です。さらに晴れた日には遠く屋久島や、竹島、硫黄島も見えます。 また、旅行クチコミサイト「TripAdvisor(R)」、日本法人トリップアドバイザー株式会社の口コミで選ぶ「行ってよかった日帰り温泉&スパ」部門 で4年連続全国1位に輝いたほどの温泉でもあります。 泉質はナトリウム・塩化物強塩温泉で、神経痛/リュウマチ/関節痛などに効果があります。   アクセス 「砂湯里」 と「たまて箱温泉」は鹿児島でも最南端に位置する指宿市にあり、指宿駅からバスに乗り、「ヘルシーランド入口」で下車するか車で行くことができます。 また、指宿は知覧特攻隊基地や喜入などではお茶の栽培も有名で、直径約3.5km、周囲約15kmの池田湖にはイッシーがいると言われていてます。 その他にも近くに標高924mの火山の開聞岳があり、登山をすることも可能なので、近くを観光、ハイキングしつつ、温泉に行くということも出来ます。   料金 ヘルシーランドセット券の料金(露天風呂(たまて箱温泉)と砂むし温泉(砂湯里)の両方可能な券) 大人(中学生以上)1,240円小人(小学生以下)620円 砂むし温泉(砂湯里) の料金 大人(中学生以上)830円小人(小学生以下)460円 露天風呂(たまて箱温泉)の料金 大人(中学生以上)510円小人(小学生以下)260円   入浴しての感想 個人的な感想としては、私は砂むし初体験だったのですが、まさかあんなに砂が重く(20〜30kg)、温かいとは思っていませんでした。 ただ、20〜30kgの重さはいっても、身体全体にその重さが分散されているので、押し潰されそうな重さではなく、程よい重さになっています。 砂むし温泉に入った後は汗をかき、血行が良くなったのか、持病の腰痛がかなり楽になり、溜まっていた疲れもかなり取れました。 たまて箱温泉については広々とした温泉で、山と海を見ながらゆったりできる温泉だと感じました。 私が行った際は砂湯里→たまて箱温泉の順に行きました。 これは砂湯里で砂むし温泉に入った後は排水が海に流れることを防ぐために砂を流す程度で、しっかり身体をボディソープで洗うことができないからです。 その為、砂むし温泉→たまて箱温泉という流れが良いかと思います。 注意点としては他の温泉でも言えることですが、水分補給を忘れないことです。 特に砂むし温泉は汗をかく量が尋常ではありません。入る前、後にしっかり水分補給をして脱水症状にならないようにするのが最も重要です。 まとめ 以上が鹿児島の砂むし温泉「砂湯里」 と露天風呂「たまて箱温泉」について紹介になります。 片方だけでも十分疲れは取れますが、両方に入ることによって 鹿児島の中心からは遠く、車が必要ですが、レンタカー等でも行くことは可能なので、車を運転できる方は是非訪れていただけたらと思います。 今回は以上です。ここまでお読みいただきありがとうございます。 それではまた。 リラ吉

【日帰り旅行記】栃木県あしかがフラワーパーク名物「藤の花」を見てきました

皆様こんにちは。リラ吉です。 先日、栃木県のあしかがフラワーパークへ日帰りで行ってきました。 自然豊かで非常に美しい場所だったので、今回はこのあしかがフラワーパークの思い出をご紹介したいと思います。 あしかがフラワーパークとは あしかがフラワーパークは栃木県足利市にある花のテーマパークです。最寄り駅は両毛線のあしかがフラワーパーク駅で東京からですと新幹線を使えば1時間半〜2時間、使わなければ何時に電車に乗れるかで前後しますが、2時間〜3時間くらいで行けます。 入場料は1800円でと高くもなく安くもないような値段でしたが、これは時期によって変わるようです。 また支払いには現金、クレジット、交通系電子マネーが使用可能でした。このご時世なので非接触型の決済方法を採用しているのは嬉しいです。   見所 この4〜5月の時期の見所というとなんといっても藤の花です。下の写真がそうですね。   非常に美しいですが、紫の藤の花は私達が行った5月頭には満開ではなくなってしまっていました。どうやら4月中旬〜下旬が満開だったみたいです。なので紫の藤を見たい方はその時期に行かれることをおすすめします。ただ5月の頭でも写真を見ればわかりますが十分綺麗です。 その代わり白い藤の花が満開でした。下の写真が白藤になります。   私達が行った際はこの白藤の花をバックに写真を撮ってもらえるサービスがあり、小さい写真であれば無料、普通の写真であれば1300円で購入できます(私達も購入しましたが、顔が写っているためお見せできません。申し訳ございません)。 写真はテーマパーク価格で少し高いですが、いいカメラで撮って下さるので綺麗な写真になりますし、思い出にもなるので購入する価値はあるかと思います。 5月上旬はこの白藤が見頃ですが、5月中旬あたりは黄色藤が見頃になるようです。 私達が行った際も黄色藤は少しですが咲いていました。下の写真がそうですが、これが至る所で咲いていたら素敵ですね。特に晴れた日は空の青色と花の黄色が非常に合いそうです。   この藤の花、特に樹齢130年、根回り3m60cm、棚面積600㎡にもなる大藤はあしかがフラワーパークの名物なので、行かれる方は4月中旬 〜 5月中旬に行かれることをおすすめします。私達は時間の関係で帰宅してしまいましたが、夜にはライトアップされて非常に綺麗らしいです。確かにこの量の藤の花がライトアップされたら圧巻でしょうね。 もちろんイルミネーション期間をやっている10月下旬 〜 2月上旬をはじめ、他の時期でも楽しめるとは思いますが、行くからには名物を見るのがやはり一番のおすすめになります。 名物はもちろん藤ですが、他にも多くの花・ハーブがありますので、藤以外も楽しめます。   欠点 欠点は正直無理矢理捻り出した感はありますが、交通の便の悪さです。といってもこれは仕方のないことです。 このあしかがフラワーパークは自然豊かな場所にあります。そういう場所はどうしても電車の本数が少ないです。 30分に1本くらいしか来ないので、5分に1本来る都心の電車に慣れていると少し交通の弁が悪いなと思ってしまうかもしれません。 とはいえ、これは自分のスケジュールを上手く調整すれば解決する問題です。なので大きな欠点はないと言っていいと思います。 あとは混雑も多少ありました。密になるレベルではありませんが、ゴールデンウィークだからなのか人多いなと思えるような混雑状況でした。   まとめ 以上があしかがフラワーパークについてになります。 美しく、自然豊かな場所なので、きれいな空気を感じたい方、家族と自然豊かな場所に行きたい方、植物が好きな方は楽しめるかと思います。 また時期によって見えるものも違いますので、ご興味のある方は今何が見れるのかを調べた上で行かれることをおすすめします。 あと、売店のグッズも豊富です。普段はなかなか買えない藤のグッズも多くありましたので、お買い物をしたいという方もぜひぜひ行ってみていただけたらと思います。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉

【温泉宿紹介】開湯1428年の老舗!東北・宮城県「時音の宿 湯主一條」

皆様こんにちは。リラ吉です。 今回の記事では宮城県にあるおすすめの温泉宿「時音の宿 湯主一條」についてご紹介したいと思います。 この宿はどのような場所なのか、どこがおすすめなのかを書いていきますので、今後旅行を検討している方の参考になれば幸いです。 時音の宿 湯主一條とは 時音の宿 湯主一條は宮城県白石市にある温泉宿です。 開湯は1428年でなんと現在20代目という非常に歴史の深い温泉宿です。その歴史からか、建物は国登録有形文化財に指定されております。 開湯のきかっけは1人の農夫が鎌で農作業中に発見したことのようです。 その実績も素晴らしく、あの伊達政宗公も入湯したという記録が宮城県立図書館にあるようです。 アクセスについては東北新幹線の白石蔵王駅、東北本線の白石駅から送迎が出ております。   入口 入口はきれいな木製で、下の写真を見ればわかりますが、ごみ等が全く落ちていません。清潔に保つということは宿としては当たり前のことかもしれませんが、非常に好感が持てました。 中に入ってチェックインをしている最中に お茶と仙台名物ずんだ持ちをいただきました。ずんだの甘さが旅の疲れにはよく、また冬の東北は寒く、お茶が体を温めてくれました。 また、チェックイン場所の周りに 暖炉、羽子板と絵画、そして小型の着物がありました。この着物は使わなくなった着物の記事から作られたそうです。   部屋 チェックイン後、仲居さんに案内されて宿泊する部屋に入りました。 部屋の中は 非常にきれいな和室でした。私は和室が好きな為、和室にしましたが洋室が良いという方は予約時に洋室を選択することも出来ます。 部屋には宿オリジナルの和菓子がありました。こういったオリジナル商品が置いてあると嬉しいですね。   温泉 時音の宿 湯主一條の名物の一つがもちろん温泉です。 温泉は「露天風呂付大浴場」「薬湯」「家族風呂」「客室露天風呂」があります。 「家族風呂」「客室露天風呂」は残念ながら入れなかったので、「露天風呂付大浴場」「薬湯」の感想になります。 まず「露天風呂付大浴場」はパッと見ではよく見かける温泉のように思えましたが、窓の外には宿の裏に広がる森が見え、そして露天風呂に入るために外に出るとその森の香りがします。 東北の冬は非常に寒いですが、露天風呂に浸かり、森の香りを嗅ぎながらゆったりするというのは至福の時間でした。 私が行ったのは冬でしたが新緑、紅葉、雪と季節それぞれに楽しめますでの、どの季節に行っても楽しめると思います。 そして薬湯は約600年近くにわたり多くの人々の傷を癒してきた「奥羽の名湯」と呼ばれる傷、火傷、一般手術後、婦人病、リウマチ等に効く名湯です。 幸か不幸か私には上記のような傷はない為、傷に対しての効果についてはわかりませんが、少なくとも肌が綺麗になるという効果は実感することが出来ました。 なので古傷がある方はもちろん、美肌効果を期待しての入浴もありだと思います。   食事 時音の宿 湯主一條のもう一つの名物が食事になります。 食事の時間は別館の個室に行き食べることになります。 その別館への道は このようになっており非常に趣がありました。 私達が食べた夕食は   このような食事でした。料理長は2018年に「厚生労働大臣賞」を受賞された方とのことですので、どれも丁寧に作られており、美味しかったです、 また、ご飯を持ってきてくださる従業員の方がフレンドリーで対応が素晴らしかったです。 対応が素晴らしいというのは宿の教育が良いということです。教育にも力を入れていることがわかりますね。 また、この別館で食べる食事とは別に お酒を飲めるバーもありました。ここは少し洋風な雰囲気がするおしゃれな雰囲気で、部屋や食事場所とは少し違った雰囲気が味わえます。 翌日の朝食は夕食と同じ場所で食べることになります。 朝食の内容は このような感じでした。仙台名物の笹かまぼこもあり、朝から豪華な食事を食べることが出来ます。量も多すぎず、少なすぎずでちょうどいい量でした。   裏山 宿には裏山があり、散歩していくことが出来ます。 裏山の様子は下の写真乗っ取り、道があったので歩きやすかったです。 また、入れませんが洞窟もあり、山もきれいなことから冒険心がくすぐられます。 そして裏山は空気が澄んでいてきれいです。 朝少し早く起きて散歩し、きれいな空気を堪能するのもするのもありだと思います。   まとめ 以上が時音の宿 湯主一條になりますが、このほかにも綺麗な浴衣を借りれるサービスやオイルマッサージのサービスもありますので、ご予算に応じて楽しんでみてもいいかと思います。 あとは少し高いですが家族でゆったり温泉に浸かりたいという方は露天風呂付客室良いかと思います。 また、駅まで送迎して下るのでアクセスもしやすい場所となっておりますので、東北の温泉に行くことを検討されている方はぜひ候補の一つに入れていただけますと幸いです。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉

【旅行記】ヘルシンキの「かもめ食堂」でフィンランド名物を9種類食べてきました

皆様こんにちは。リラ吉です。 以前ヘルシンキに旅行した際に、「Ravintola KAMOME(かもめ食堂)」というレストランに行ってきました。 今回の記事では、かもめ食堂がどんな場所なのか、どんなメニューを食べたのか書きたいと思います。 Ravintola KAMOME(かもめ食堂)とは この名前を聞いてわかる方もいらっしゃるとは思いますが、「かもめ食堂」は、ヘルシンキで食堂を営む日本人「サチエ」が主人公の群ようこ様の小説及び小説をもとにした映画です。 この映画を撮影した場所にあるお店が「Ravintola KAMOME(かもめ食堂)」です。 映画を観た方が同じ場所でお店を開きたいと思って作られたお店というわけですね。 残念ながら映画のロケ地として使われた店舗は2015年に閉店してしまいましたが、その後日本人オーナーによって店舗を改装して復活したようです。 外観は   このような感じです。非常に明るい照明があり、明るい印象でした。また、日本語で「かもめ食堂」と書かれているのもファンにとっては嬉しいですね。   注文したメニュー 注文したメニューは   自家製のベリージュースとおいしいフィンランドボックス! ベリージュースは非常に濃厚で素材の味が生きているような味でした。また、水のビンがかもめ食堂オリジナルなのも良いですね。 ちなみに1枚目の写真の手前にある円形のものはおしぼりです。あの中におしぼりが入っています。 フィンランドボックスはフィンランド料理が9種類入っているメニューです。 ちなみに内容は下記の9つです。 漬けニシンとビートルートのサラダ、リンゴとホースラディッシュかもめのポテトサラダ、セロリ、ピクルス、キュウリとマスタードシード入りかもめレシピの自家製グラブラックス(グラーヴサーモン) ディル-マスタード-小麦粉入り(小麦粉という意味のmouceと思われる)ライ麦粉で焼いたシロマス(ムイック)とタルタルソース(tatr sauceと書かれているが味からtartar sauceの事だと思われる)マスの卵とサワークリームのブリニ ※ブリニとはそば粉や小麦粉で作るロシアのパンケーキ伝統的なミートボールとリンゴンベリーハーブ入りマッシュポテトトナカイのソテーかもめのシナモンロール 日本ではなじみがあまりないメニューが多いので観光客にとっては嬉しいですね。 正直言うとフィンランドに住みたいと思えるほど9種類すべて美味しかったのですが、個人的におすすめなのがトナカイのソテーです。 理由はまずおいしいですし、他のものはレシピが分かれば頑張れば日本でも作れる気もしますが、トナカイのソテーはまず素材から手に入りませんからね。 他の物でおすすめなのはミートボールです。日本ではベリーとミートボールを一緒に食べるような習慣がないので驚きましたが非常においしかったです。日本でもリンゴンベリージャムは売っているので、チャレンジしても良いかもしれません。   まとめ 以上が私がかもめ食堂に行った際の経験です。 映画が好きな方はもちろん行くべき聖地ですが、フィンランド名物を一度に堪能できるため、映画を観ていない方でもおすすめのお店です。 ちなみにですが、日本料理も食べることが出来ます。個人的にはフィンランド料理を食べることがおすすめですが、海外の日本食を食べてみたい。長旅でたまには日本食が食べたいという方には日本食もありだと思います。 日本食は食べていませんが、非常においしいお店ですので、ヘルシンキへ行く機会のある方はぜひ行ってみてください。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉

【ミラコスタ】ハーバービューの部屋の2人分の値段や景色、レストランを解説

皆様こんにちは。リラ吉です。 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム ハーバービュー、つまりディズニーシーのメディテレーニアンハーバーが見える部屋はディズニーファンが一度は泊まってみたい部屋として知られています。 私自身も小さな夢ではありましたが、ずっとハーバービューの部屋に宿泊してみたいと思っていました。そして少し前のことですが、ついにこの部屋に宿泊することができました。 非常に楽しく、おすすめの部屋でしたので、今回はホテルミラコスタに2人で宿泊した際の値段や景色、利用したレストラン等について書きたいと思います。 ミラコスタの予約・値段 まず予約についてはですが、ディズニーリゾート公式ページで行いました。 PCで予約した為、公式ページからの予約になりましたが、携帯のディズニーリゾートアプリからも出来ます。ご予約される方は使いやすい方で予約していただけたらと思います。 他のさいとですと楽天トラベル等でも予約できます。ポイントが付くことを考えれば楽天トラベルの方が断然お得です。ただ、注意点として「公式ページで取れて楽天トラベルで取れない」ということがあるようです。 私が予約した際はハーバービューの部屋が公式ページでは取れ、楽天トラベルでは満席になっていました。こういくこともありますので、両方見て決めることをお勧めします。 ちなみにお値段ですが、10月31日(土)に宿泊してたところハーバービューの部屋は2人で驚きの     約10万5千円! この年は10/31、11/1が土日で休み、11/3が文化の日で休みというスケジュールでした。 カレンダー上では4連休ではなかったのですが、私を含め多くの人が11/2(月)に有給を取って4連休にしていたせいか、連休価格でかなりお値段は高かったです。 ただ、最近の値段を見ると土日でも5万円前後、安い時は3万円台の時もあるのでその辺りを狙うのがオススメです(ただし連休時は私の時と同様高いです)   ハーバービューの内装 チェックインについては特にありません。普通のホテルと同じように並んでチェックインするだけです。 そしてチェックインしたらエレベーターに乗るのですが、このエレベーターもなかなかにいい感じです。 乗ったら下の動画のようにミッキーがアナウンスしてくれます。これはファンにとっては嬉しいです。   そしてドキドキしながらの入室。部屋は     こんな感じでした。ぱっと見では普通の部屋ですが     なんと所々にミッキー達がいます!この絵画欲しいですね。 また手を洗おうとしたら     アメニティにもミッキーがいます! そしてそのままお風呂場の方を見ると     またもやミッキーが!このドア欲しい!というかこの部屋に住みたい!とディズニーファンなら思うことでしょう。 そのくらいテンションの上がる内装でした。   ハーバービューから見えるディズニーシー そしてハーバービューの部屋ならではの楽しみといえば窓の外からディズニーシーを見ること。 私達が宿泊した部屋から見えた景色は下の写真のような美しいメディテレーニアンハーバーとプロメテウス火山です(当記事に載せたのはゲストの方がいない早朝の写真です。チェックイン時にはもっとゲストの方がいます)。 さらに     この窓から時間が合ったのでハーバーグリーティングが見えました。 ただミッキー達がなかなかこっちを見てくれませんでした。ちなみにミニーちゃんは何度もこちらを見て手を振ってくれました。まさに天使です。 なかなか見てくれないという欠点もありますが、普段はこの角度で見ることは出来ないので、宿泊の際にお時間を合わせられる方はぜひ時間を合わせて見てみてください。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="1f78c900.c452a690.1f78c901.fb331d23";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="468x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1618017933704"; ミラコスタではサプライズも可能 サプライズにちょうどいいオプションも追加可能でした。 オプションにはシャンパンやケーキ、花束などもあります。 私も妻にサプライズで   オルゴール付きのプリザーブドフラワーをオプションで付けてプレゼントしました。サプライズとしては弱いかもしれませんが思い出になりましたし、良かったと思います。 このオルゴール付きのブリーザーブドフラワーはディズニーホテルごとに違うデザインなのでコレクションしても良いかと思います。   ミラコスタ宿泊者限定のグッズが購入可能 ホテル宿泊者はホテル内のショップで限定グッズが購入出来ます。 そのグッズとは1枚目がミッキー・ミニーが明後日の方向を向いてますが、ぬいぐるみ付きトートバッグです。   しかもこのトートバッグ、なんとディズニーホテルごとにデザインが異なるんですよ!ディズニーランドホテルのトートバッグが下の写真になるのですが、上の写真のトートバック、ミッキー、ミニーちゃんとデザインが違うのがわかるかと思います。   価格は1万円となかなかのお値段ですが、宿泊者限定ですので購入する価値はあるかと思います。   ディズニーチケットも購入可能 ディズニーチケットというとこの記事を書いている今日現在、争奪戦が繰り広げられていますが、ミラコスタをはじめとするディズニーホテル(ただしディズニーアンバサダーホテルは除く)に宿泊すれば確実にチケットは取れます。 チェックイン後にロビー近くの販売所に行き、宿泊していると伝えれば翌日のディズニーランド、もしくはディズニーシーのチケットが購入可能です(当日のチケットは不可)。 なので1日目はホテル散策、2日目はディズニーランドorディズニーシーで遊ぶなんてことまで来ます。 荷物はホテルに預けることが出来ますので、上記のスケジュールだと2日目はチェックアウト→荷物を預ける→ディズニーランドorディズニーシーで遊ぶ→預かって頂いた荷物を回収して帰宅のようになります。 利点はやはりチケット争奪戦に参加しなくていいところと、ディズニーシーの側にあることから、普段ディズニーで遊ぶ時よりは寝坊出来るという点ですね。 宿泊された方は是非チケットも購入してみて下さい。   ミラコスタでの食事 食事についてはいくつか選択肢があります。 ミラコスタなどのディズニーホテル内のレストランを予約して食べに行くルームサービスを頼んで食べるイクスピアリなど、レストランがある施設に食べに行くホテル内にコンビニがあるのでコンビニで食べ物を買う オススメは1つ目のプランです。私達が食事をしたのはオチュアーノというレストランですが、非常にオススメです。理由は味も接客も素晴らしく、そして窓からメディテレーニアンハーバーが見えるからです。 私達は窓から1or2列目に座れる予約をしていましたが、予約時間が17:00でディナー時間の開店も17:00だったので必然的に窓際に案内されました。もし窓際に座りたい方がいらっしゃいましたらディナーの開店時間の17:00に予約することをおすすめします。 食べた食事はディナーコースで下の写真のメニューでした。非常においしかったです。   また、このオチュアーノはオリジナルのフォトフレームとアクアスフィアをイメージしたオブジェが一緒にもらえるメニューもあります。フォトフレームに入れる写真はその場で撮影してくれます。 フォトフレームは私達の写真が入ってる都合でお見せできませんが、オブジェは   このようなものになっています。 ちなみにフォトフレームはホテルごとに異なるデザインなので、これもコレクション出来るものになっています。 2つ目の選択肢であるルームサービスは部屋でゆっくり食べたい方にオススメです。私は注文したことがないのですが、お届け予定時間を見る限り、時間帯によっては注文したものが届くまでに結構時間がかかりそうという印象でした。 なのでルームサービスを利用される方は早めに行動するのが良いかと思います。 3つ目のイクスピアリなどですが、ディズニーホテル内のレストランより安く済む場合が多いです。 美味しいお店もたくさんありますし、行ったらどこにしようか迷うかと思います。 4つ目の選択肢は出来る限り出費を抑えたい方にオススメです。 ディズニーには楽しいものが沢山あります。特にグッズは全部欲しいと思えるほどに魅力的です。 そんなグッズを購入するために少しでも出費を抑えたいという戦略家の方はこの選択肢を取るのが良いかと思います。 まとめ 以上がホテルミラコスタに宿泊した際の体験でした。 ディズニーファンなら誰もが楽しめるホテルですし、ディズニーファンでなくとも素晴らしいキャストさんの接客や風景、食事に感動することでしょう。 総合的に見て非常にオススメなので気になっている方は是非予約して楽しんできていただけたらと思います。 また宿泊者限定グッズもあるので、泊まったならぜひ購入を検討してみてください。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉