2021年6月16日 水曜日 17:01

【機材紹介】レアなJohn English作のマスタービルダーモデルも!?所有ギターを紹介さます!

【機材紹介】レアなJohn English作のマスタービルダーモデルも!?所有ギターを紹介さます!


皆様こんにちは。リラ吉です。

今回の記事では私の趣味であるギターについて書きたいと思います。

具体的には所有ギターについてです。

ギター好きの方は「こういうの使ってるんだ」、ギターのことがよくわからない方は「こんなギターがあるんだ。私もやってみたい」と思っていただけましたら幸いです。

ではご紹介していきます。

Fender Custom Shop 50th Anniversary 55 Stratocaster Masterbuilt By John English

Fender Custom Shopのストラトキャスターです。

作ったのは伝説のマスタービルダーの故ジョン・イングリッシュ(John English)氏です。

マスタービルダーとはFender社の中でも特に優れたギタービルダーに与えられる称号です。

Wikipediaには

「マスター・ビルダーが、1人で木材の選定〜加工〜組み立てまでの全てを行う特別な行程と、その方法で製作されたモデル。製品名の中に製作したマスター・ビルダーの名前が入れられた形で発売されているため、ビルダー毎の楽器特性を選ぶ事も出来る。特にジョン・イングリッシュ制作のギターは、初期のフェンダー社製品と寸分違わぬ出来上がりのため、非常に人気がある。」

と書かれています。

このギターは名工によって作られ、しかもその方はもう亡くなられてるということもあり、非常に貴重なモデルです。おそらく死ぬまで手放さないでしょう。

そんな大事なギターですが、音はベルトーンと呼ばれる鈴のような音です。

コーラスのエフェクターと一緒に使うとEric Johnsonのような美しい音になります。

改造等は一切していないオリジナルです。

ピックアップは1950年代からFendereでピックアップを作り続けた伝説のピックアップ職人アビゲイルイバラ女史作成のものです。

私の所有ギターでは最強の一本ですね。

Gibson Custom Shop 1959 Les Paul Reissue

Gibson Custom Shopのレスポールです。

Gibson Custom ShopとはGibson社の中でも上位モデルを作っているブランドです。

チェンバー加工という空洞のあるモデルなのでレスポールとしてはちょっと軽めです。

音はレスポールらしい音でブルースやロックをやるには最適です。

その特性からLed Zeppelinのカバーではよく使います。まあJimmy Pageもレスポール使いですしね。

ノブが一つ壊れてしまいましたが、それ以外はオリジナルです。

ピックアップはCustom Buckerでパワーがありすぎずなさすぎずでちょうどいい感じです。

Gibson EDS-1275

これまたGibson社のギターです。見たことない方はもう見た目からしてなんじゃこりゃーってギターですね。

片方は12弦、もう片方は6弦になっています。

Led ZeppelinやThe Eaglesをカバーする際に使用します。

Suhr Modern Plus

元Fender Custom ShopにいたギタービルダーJohn SuhrのブランドSuhrのギターです。

まず見た目ですが海と砂浜をイメージしたようなカラーで非常に綺麗です。

またコイルタップ機能もついていますので、ジャズとかは難しいですが、大抵のジャンルで使えます。

そして非常に弾きやすいです。プロの方数名に弾いて頂きましたが、全員が弾きやすいという感想でした。

音は正直特徴がないのが特徴です。その分どんなジャンルでも使えるというわけです。

Suhrはクラシックシリーズとモダンシリーズでかなり方向性は異なると思います。クラシックシリーズはビンテージサウンドを意識しており、モダンシリーズはどんな場面でも使用できるギターを意識しているのだと思います。

それが理由でモダンシリーズは個性があまりないサウンドになっているのだと思います。

「絶対この曲にはストラトの音が必要」とか「レスポールの音が必要」とかであれば使用しませんが、特にそういう曲をやらないようであればライブで使うことが多いギターです。

J.W.Black Guitars

USA製のJ.W.Black Guitarsのテレキャスです。

J.W.Black氏は元Febder Custom Shopのマスタービルダーで、Febderを退職した後ご自身のブランドを立ち上げました。

とにかく軽く、弾きやすいです。弾きやすさではSuhrに劣らないくらいです。

また音ですがテレキャスらしい音です(初期の音の太いテレキャスではありません)。

The Rolling Stonesのカバーで使ったりします。あとはコーラスをかけるとJeff Beck版のPeople Get Readyみたいになります。

Paul Reed Smith Custom 24

Paul Reed Smithの定番モデルで、こちらも非常に美しいギターです。

音はSuhrのようにどんなジャンルでも使えるサウンドです。ただピックアップがそうだからなのか、Suhrよりどっしりした重い音なので、ヘビィメタルなど、よりハードな曲でも使用できます。

こちらもオールマイティに使えるため、ライブで活躍してくれるギターですね。

Fender Custom Shop Eric Clapton Stratocaster 改

元はFender Custom Shop製のEric Claptonモデルです。

ミッドブースターを外し、ピックアップもテキサススペシャルに変更してます。

さらにUSA Custom Guitarsに作ってもらったハカランダ指板のネックに変更しています。あとはピックアップをテキサススペシャルに変更しています。

あとは買ったときにすでにそうだったのですがカラーがマジョーラカラーになっています。角度や光によって色が変わるため、ステージ映えするギターです。

このギターはストラトとしては非常に中域の音が太く、SRVのような音楽に最適です(上手くあの感じで弾けませんが…)

Gibson Les Paul Standard 

Gibson社のレスポールです。Custom Shop製のものと異なり回路がJimmy PageのNo.2というギターと同じになっています。

その回路の関係で様々な音が出せるのが最大の特徴です。その数はなんと42通りですが…さすがに42通りのサウンドを使いこなせていないのが現状の課題です。

またピックアップ(いわゆるマイク)をTom Holmesに変更しています。

USA Custom Guitars Telecaster

USA Custom Guitarsでオーダーしたボディ、ネックを元に作ったオリジナルテレキャスターです。

ブリッジにSTETSBARを使用するなど、ちょっとしたこだわりを持ったモデルです。

また回路をビンテージと同じものにしていますので、現代のテレキャスにはない太い音がします。

Jimmy Pageがレスポールを使用した理由がビンテージの回路のテレキャスに似たサウンドだったからなのですが、このギターも同じ回路の為か、非常に太い音がします。

Fuzzを使えばLed Zeppelinのファーストアルバムのようなサウンドが出せるのが特徴です。

Martin 000-28EC

Martinから発売されているEric Claptonのシグネチャー・モデルです。

ビンテージのような見た目で存在感があります。

Martinのギターの中では若干低音が弱い気もしますが、全体的によく鳴るギターです。

ナット幅が、他のMartinよりも広いのでフィンガースタイルが良さそうですが、どんなスタイルにも応えてくれる一本です。

私が所有しているアコギはこれ一本なので重宝しています。

ライブ用にピックアップをつけたいとも思っています。

まとめ

以上が私の所有ギターになります。

ここまで見ていただきありがとうございました。

もし需要があれば他の機材や楽器を紹介していきます。

それではまた。

リラ吉

にほんブログ村 にほんブログ村へ

関連記事

【書評】偉人達から成功する方法が学べる「ロケット科学者の思考法」の要約・感想、実体験

皆様こんにちは。リラ吉です。 1962年、ジョン・F・ケネディが「10年以内に月に人間を着陸させ、無事に地球に帰還させる」と宣言しました。 しかしながら、当時NASAは月面に着陸船を支えるだけの硬さがあるかどうかもわからなかったですし、そもそも月面に行くためのロケットに使う金属ですら作られていませんでした。 また、月の周回軌道に入るには正確性が求められます。それは8.5メートル先の桃を目がけてダーツを投げ、実に触れることなくうぶ毛を剥がすほどの正確さです。 地球に帰還する際は、寸分の狂いのない角度で大気圏に突入する必要があります。それはコインに刻まれた180の溝から特定の溝を見つけるくらいの精密さが必要になります。 月に人間を着陸させ、無事に地球に帰還させるという不可能ともいえるミッションはジョン・F・ケネディの宣言の7年後に達成されます。 この偉大な飛躍はロケット科学者が用いた思考プロセスによって成し遂げられました。そして、その思考は現在においても多くの人が使い、成功しています。 その思考法について書かれた本が「ロケット科学者の思考法」です。この本は下記のような悩みを持つ方々にオススメできます。 仕事をしていても良いアイディアが浮かばず、悩んでいる改善が出来ないなかなか成長できない、あるいはもっと成長したいと感じているチームの成績が悪く、悩んでいる これらはかなり多くの方が当てはまると思います。なので社会人、学生問わず、万人におすすめできる本になっています。 今回の記事では、多くの成功者が用いており、上記のような悩みを解決する思考法が書かれた「ロケット科学者の思考法」をご紹介していきます。 内容の要約 不確実性を怖れない 当時、人間を月という未知なる場所へ送るということに確実な方法はありませんでした(=不確実なものだった)。そして現在も不確実なもの・未知のものは身の回りにあふれています。 不確実なもの・未知のものを私たち人間は怖れ、不確実な場所の中に確実なものを求めます。しかし、確実性を求めると、人間は今いる場所に留まり、下記の例ような表面的に安全な方法、おなじみの方法を取ってしまいます。 悪い状況なのに販売担当が相も変わらず決まった方法を繰り返し、それでいて違う結果を期待する起業したいと思いながら、将来性のない仕事を辞めない 決まった方法を繰り返すのは、安全でおなじみの方法ですし、仕事を辞めないというのは、給料という確実性(安定性)を求めるという、安全な今いる場所に留まるという人間の習性からです。 しかし成功するには確かなものを求める(=今の場所に留まり、安全、あるいはおなじみの方法を取る)のをやめて、未知に心を躍らせ必要が必要があります。 数学者のアンドリュー・ワイズは長年証明されていなかった(=未知であった)フェルマーの最終定理(3以上の自然数nについて、xn + yn = zn となる自然数の組は存在しない)に10歳の時に出会い、心を躍らせ、長い年月をかけて証明しました。そして証明までのプロセスを次のように灯りのついていない家の中を歩くことになぞらえました。 彼によれば、最初の部屋では手を伸ばし、何かに指で触れ、ぶつかったりします。幾度となく方向感覚を失い、混乱に陥りながらもライトのスイッチを見つけます。そしたら隣の部屋に行き、そのプロセスを繰り返すとのことです。 また、成功するためには無知であること(不確かであり、自分が知らないということ)を認めること大切です。「わかりません」という言葉を発する時、慢心がしぼみ、心が開かれ、まわりの声に耳を傾けるようになります。 ただ「わからない」「不透明」であることは恐怖の対象です。そんなときは「怖いものに名前を付ける、そして可能であれば、それが引き起こす最悪のシナリオと最高のシナリオを紙に書く」と良いとのことです。書きだすことで、自分が何を知っていて何を知らないかが明らかになるからです。 第一原理から判断する 「これがいつものやり方だから」が生む思考停止も危険です。時として、決まったやり方が出口を隠し、抜け出すのが難しくなることがあります。 プロセスとは過去に生じた問題に対処するための過程で生まれたもので、本質的に後ろを振り返ることです。時間がたてば時代遅れの手順のせいで目詰まりを起こします。 Amazonのジェフ・ベゾスは「若手が結果の悪さを『プロセス通りやったんですが』と正当化することがよくある。用心しないとプロセスが問題になりかねない」と忠告しています。「私達がプロセスを管理しているのか。プロセスが私達を管理しているのか」と問いかける習慣を身に着け、必要があれば知識を手放して最初からやり直す必要があるということです。 また「みんながやっている」も時によっては危険な考え方です。他の誰かが極めた何かを学ぶこともには大きな価値があります。そもそも学びの一歩目は真似をすることだからです。 しかし学びとやみくもな真似(猿真似)には違いがあります。 投資家のウォーレン・バフェットも「最も危険な言葉は『ほかのだれかもやっている』だ」と語っています。皆がやっている競争の真っただ中に入っていくということは「自分より前にいた人たちを相手にした賢さコンテストに巻き込まれる」ということだからです。 第一原理とは複雑な問題に関して、絶対に確実だと最も根本となる不変の基本法則・原則の事です。第一原理思考は自分の基本の要素(最も根本となる基本法則・原則)が残るまでその問題を分解、あるいは捨てることを言います。最終的に残ったものが不変の基本原則で、それ以外は変更の余地がある物事です。 イーロン・マスクはロケットを購入しようとし、アメリカ、ロシアの両方で法外な価格を提示されました。 ロシアからの帰国の途中。ロケットを買うのではなく、作るのはどうかと考えました。彼はロケットを最も小さい原材料まで分解し(=第一原理を考え)、その市場価値がどのくらいなのか調べていきました。 市場価値を調べた結果、材料費はロケットの価格の2%ほどしかなく、価格が大きくなる原因か外部委託であるということがわかりました。 そこでコストも品質も生産ペースを効率的に管理できる自社製造にすることにしました。さらに従来のロケットが再利用不可能だったのに対し、一部を再利用可能にしました。 第一原理思考の目的はイーロン・マスクのように基本要素を考え、身につけて、新しいものを作ることですが、それだけではなく、自分自身を分解、あるいは捨てて自分の中の原材料(=第一原理)を見つけ、新しい自分を作ることも出来ます。 自分の過去の実績を捨て、第一原理思考を自分自身に当てはめた人物としてスティーブ・ジョブズが挙げられます。 1985年、Appleから追い出されたジョブズは第一原理に立ち戻らざるを得なくなりました。成功者としての重圧が消え(捨て)、もう一度初心者になり、人生で最高に創造的な時期に入ることができたと語っています。 物事の問題、自分自身の問題の最も素晴らしい解決策とは、最小限の要素を使って最大限の問題を解くものとのことです。 思考実験で解決する アインシュタインが数々の偉業を成し遂げたのは空想にふけり、その中でひとつひとつの発明が実際にどう機能するのかをイメージするという思考実験の成果だと彼は述べています。 発明家のニコラ・テスラも頭の中で、芸術家のレオナルド・ダヴィンチはノートを使って思考実験をしていました。 彼らは所謂天才ですが、思考実験は天才だけのものでありません。自覚はないかもしれませんが、誰もが実験者で突然のひらめきを意識の下に隠しており、一見無用に思える好奇心からくる研究や思考実験がそうしたひらめきを明らかにするのに必要です。 しかしながら多く人は大人になるにつれ、好奇心は失われていきます。好奇心は子供がそうであるように遊び欲からくるものが多いですが、大人になると知識欲は美徳、遊び欲は悪とみなすようになってしまいます。 ただ知識と遊びは互いに補い合うべきであり、知識があり、そこに子供のような好奇心があれば、独自性を高めることが出来ます。 子供のような好奇心を取り戻す方法として、自由時間に7歳のころの自分をイメージするようにするといいとのことです。これを行った人はクリエイティブ思考をはかるテストの成績が向上したという研究結果もでています。 ムーンショット思考 月は私達の祖先が初めて空を見上げた時から、地球の向こう側を知りたいという原始的な本能に訴えてきました。しかしそれは人類には到底手の届かないムーンショットでした。 ムーンショット思考とは達成が難しそうな壮大な目標を掲げ、それを実現するために既存の価値観を打ち破る、独創的な方法で課題に取り組もうという考え方です。 もちろんムーンショットの中にはあまりに非現実的なものも存在します。何も全てのムーンショットを実行に移す必要はありません。 自分の将来を一つのムーンショットに賭けないかぎり、アイデアのポートフォリオのバランスが取れていれば、大半のアイディアが夢物語に終わっても、十二分に埋め合わせをすることができます。 ムーンショットを阻む大きな障害物はあなたの頭の中にあり、ムーンショットより小さい夢の方が賢いと信じるように刷り込まれています。 アイデアを出したらそれらを評価し、絞り込む必要があります。会議に出ると「アイデアを掘り下げてみよう」と言いながら、アイデアをこき下ろすのに忙しかったりします。「それは前にも試した」「幹部が許可しないだろう」と言ってアイデアの創出は始まりもしないうちに終わります。その結果、昨日と同じことをただ繰り返す羽目になるわけです。 質問を変える 問題を解決しようとする際、私達は本能的に答えを見つけたいと思います。 ただ問題に馴染みがあり、自分が正しい答えを知っていると思っていると、私達は他の答えを探すのをやめてしまいます。 社会人の世界では問題が整った状態で渡されることは滅多にありません。私達はそれを自分で見つけ、定義、再定義しなければなりません。 しかしいざ問題を見つけたら、もっと解決すべき他の問題があるかを考えずに、解答しようとしてしまいます。口では正しい問題を見極めるのが重要だと言っていながらです。 創造性に富む人々はしばらくの時間をかけて様々なアングルから問題を眺め、解決の段階に入っても問題の定義に変化を加える準備をしています。 方向転換をする 事実というのは頑固なものですが、私たちの頭はそれよりもさらに頑固です。賢明な人でさえ事実を目の当たりにしても、必ずしも疑念が解消されるわけではありません。頭は時として事実を受け入れられないのです。 私達は自分が信じていることを否定する証拠・事実を過小評価し。正当性を確認できる証拠・事実を過大評価する傾向にあります。 自分の理論の正当性を確認できるのは、自分が正しいと証明されるので気分がいいですが、対照的に、対立する意見を聞くのはイライラするし、不快な気分になります。皆さんも経験はあるかと思います。 ただ大切なのはリンカーンが「あの男は嫌いだ、彼のことをよく知らなければなるまい」といったように、自分の考えの正当性を証明することから誤りを証明することに方向転換することです。誤りに焦点を当てれば、対立する意見や主張に耳を傾け、もっと優れた考えを思いつく余裕が生まれてきます。 本番のようにテストし、テストしたように本番をする ロケット科学者の基本原則の中に「飛ぶようにテストし、テストしたように飛ばせ」というものがあります。 意思決定の多くはただの一度も試されることなく新製品を投入したり新たなアプローチを取り入れたりしています。しかし、それが失敗したときのコストに気が付いてきないことが多いです。 テストは今後のために不確実なものを明らかにする目的でも行わなければなりません。 正しいテストの目的は順調にいきそうなことを明らかにするのではなく、失敗する可能性のあるあらゆることを突き止めて、限界点見つけることです。 ロケット科学者も宇宙船を破壊しようとします。全ての欠陥を暴き出す為に、ネジ1本にいたるまで、宇宙で待ち受けている環境あるいはそれに近い環境に晒す必要があります。 また、テストの際に宇宙飛行士を追い込んで間違った行動をわざと起こさせます。それを教訓に宇宙で正しい行動を取れるようにする為です。 実際に体験するのと同じ状況に身を置くこと、そして時としてわざと失敗する事で正しい判断へ近づけるというわけです。 失敗を成功に変える 失敗はハッキリ言って嫌なものです。仕事で失敗したり、大学で単位を落とせば嫌な気分ですし、参加賞ももらえません。その上、成功した時の高揚感は一瞬なのに、失敗した時の痛みや無力感は長いこと続きます。 しかし、失敗からは多くのことを得られます。失敗し、学習し、調整と改善を重ねていくことが大切です。 失敗とはデータです。きちんと対処すれば失敗は最高の教師になります。エジソンも何も発見できなかった際、「このやり方で上手くいかないことがわかった。今度は別の方法で試してみよう」と語っています。 小さな失敗は予防接種のようなものです。小さな失敗(予防接種でいう弱毒された抗原の投与)をし、失敗を理解し、そこから学び、対処法を身に着けることで大きな失敗(大きな病気)を未然に防ぐ、あるいはダメージを少なくすることが出来ます。 また、たった一度の失敗と取り返しのつかない敗北と混同してはいけません。ひとつの失敗を終わりではなく始まりにすることができます。失敗は障害ではなく、進歩への入口なのです。 罰を受けない環境も必要です。優秀な成績のチームは「失敗しても罰を受けないチーム」「ミスを報告できるチーム」で、成績の悪いチームは「失敗すると侮辱される、怒鳴られるチーム」が多いという研究結果も出ています。 小さなミスはどんなに優秀なチームでも日々起こってしまいます。失敗を侮辱するようなチームでは、小さなミスは報告しなくなります。小さなミスを報告せず、沈黙を守り続けることがもたらす長期的に結果は最悪なものになってしまいます。失敗しても罰を受けない、失敗を報告できる環境は成長し、成績を上げるには必要な環境なのです。 成功は失敗のもと スペースシャトルコロンビア号が空中分解し、7人の宇宙飛行士全員が死亡した原因は発泡断熱材がはがれて左翼に衝突し、耐熱パネルに穴が開いてしまったからでした。 しかし、コロンビア号の惨事の前も、断熱材は毎回剥がれ落ちており、それでも打ち上げは成功していたため、NASA内ではこのままでいいという信念が強くなってしまっていました。 偶然勝ちが続いていても次は勝てるとは限らないのです。ビルゲイツが言ったように成功は「ひどい教師」であり、成功は自分は失敗するはずないと勘違いさせるのです。 いくつかのミスをしても、結果として成功することは実際にはあります。しかし、こういうミスは成功の影に隠れてしまいます。 私達は成功したが、ミスもしたし、無駄なリスクもとった、と反省しなければ、その先には惨事が待っています。 成功しても失敗しても事後分析をすべきであり、成功していたとしても、上手くいかなかったこと、どんな運やチャンスや有利な条件に恵まれたか、そこから何を学べる考えなければいけません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 個人的な感想 個人的な感想としては、内容は難しすぎず、簡単すぎずの内容ですが、例が多く非常に理解しやすかったです。 少し意外だったのが、最初に月面に行くためのロケットの話をしたので「月に行くまでの課題や乗り越えた方法」が書かれているのかと思いましたが、アインシュタインなどの偉人やジェフ・ベゾスやイーロン・マスクなど、ここ近年有名になった方の話が多かったことです。 近年の話のほうが身近であり、理解しやすかったので、特に気になりませんでしたが、人によっては「月面に行った時の話をもっと」書いてほしいと思う方がいてもおかしくないかなとも思いました。 内容に関してはどの章に書かれていることも仕事、勉強をしていく上で使える内容だったので得られるものは多かったです。 値段は1800円+税でしたが、ページ数も約400ページとそれなりの長さであり、内容が良かったのもあり、確実に値段以上の価値があるなとも感じました。 欠点を挙げるなら「図がないこと」です。図は文字よりも理解しやすく、また記憶にも残るので、あればよかったなと思いました。   私の実体験 「思考実験をする」が手を付けやすい まだ現在進行中ですが、私の経験で、この本に書かれている章の中で手を付けやすいと感じているのは「思考実験をする」です。 理由は思考実験の一歩目が「好奇心を持つ」と言うことだからです。これは他の章に書かれているよりも一歩目を踏み出しやすいと感じました。 好奇心を持つ方法は人によって違いますが、私の場合は週に一つは自分がやったことのない、新しい事をするようにしています。 新しい事をやると意外と面白く、好奇心を持てるようになります。まだ、上司や先輩に提案できるほど良いアイディアは浮んではいませんが、「これはもしかしたら仕事で使えるかもしれない」というレベルの考えは確実に増えました。 小さなムーショットの実現 私の経験上、この本の章に書かれていることを組み合わせることもでき、そして組み合わせた結果、良い方向へ進むことが出来ます。 今になって思えば無意識にロケット科学者の思考をしていた結果なのですが、私はアメリカの大学院に進学・卒業しました。私にとってこれは小さなムーンショットでした。 なぜアメリカの大学院に進学したか(できたか)ということを今になって掘り下げてみると「不確実性を恐れない」「思考実験」「ムーンショット思考」「失敗を成功に変える」の組み合わせの結果でした。 その過程を思い返すと、まず私は小6の頃、好きな人がいました。その子はバンドマンのお兄さんの影響を受けており、よくThe Beatlesの話をしてくれたのを覚えています。好きな子への好奇心から、私は当然The Beatlesを聴きました(さすがに小学生の頃は歌っている意味は分かりませんでしたが)、そしてThe Beatlesがきっかけで他の洋楽や英語に対する好奇心が芽生えました。 中学生で英語を学び、中三になる頃には「海外(イギリスかアメリカ)の学校へ行きたい」と思うようになりました。「不確実を怖れない」に書かれている、海外の学校という小さな未知に心を躍らせていたわけです。 ただ、「海外の学校へ行きたい」と思い始めたのには理由はなく、自然にそういう夢(私にとってはムーンショット)を持つようになっていったのですが、今になって思えば、中学生にとっての全てともいえる学校という世界と好奇心を持ったイギリスやアメリカの音楽(洋楽)、そして英語を無意識下で組み合わせたのだと思います。これも自分の世界観と好奇心の融合さえた一種のアイディアなのだと思います。 そこからはひたすらその小さなムーンショットを実現する為にひたすら失敗です。自分の能力と必要な能力を比較する思考実験で失敗し、実際のテストでも失敗しました。 私はお世辞にも勉強ができる子ではありませんでした。ハッキリ言うと人並以下です。しかし、ない頭でもミスをしては復習し、またミスをしては復習しを何度も繰り返し、ようやく自信がついた時には大学生になっていました。 そして最終的にはアメリカの大学院に進学しました。無意識下ではありましたが、「不確実性を恐れない」「思考実験」「ムーンショット思考」「失敗を成功に変える」をやった結果、私の小さなムーンショットは実現されました。 このようにこれらの項目は独立して機能するパターンもあると思いますが、組み合わせることも出来るかと思います。   まとめ 以上がロケット科学者の思考法の要約・感想、個人的な経験になります。 過去の偉人や現在活躍している方々の考え方が学べるため、仕事をしている方にも勉強をしている方にも非常におすすめです。 お値段的にもこの内容であれば確実に安いと感じられるかと思います。 なので、もしご興味がある方は書店等でぜひ手に取っていただけたらと思います。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉 ロケット科学者の思考法 価格:1980円(税込、送料無料) (2021/6/12時点)楽天で購入

【書評】「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法 〜ディズニーの元人材トレーナー50の教え〜の内容・感想

皆様こんにちは。リラ吉です。 最近下の写真の櫻井 恵里子様の本、「一緒に働きたい」と思われる 心くばりの魔法 〜ディズニーの元人材トレーナー50の教え〜 という本を読みました。 今回の記事ではこの本の内容や評価について書きたいと思います。まず結論である私なりの評価を出し、その後、内容や各項目についてお話していきます。 評価 まず、この本の私なりの評価ですが、各項目10点満点で下のグラフのようになりました。  グラフ   var ctx = document.getElementById("myRaderChart"); var...

【ELEVEN】トレーニング後も脂肪を燃焼し続けるダイエットにおすすめのエクササイズ

皆様こんにちは。リラ吉です。 先日FIGHT DOについての記事を書きましたが、今回の記事では高いダイエット効果のあり、トレーニング後も体脂肪を減らし続けることのできる「ELEVEN」についてお話ししたいと思います。FIGHT DOの記事については下記のリンクからご覧ください。 【FIGHT DO】1時間で900kcal消費できるダイエットにおすすめのエクササイズ おそらく皆さんの中には「ELEVENとは何だ?」「どんなダイエット・トレーニング効果があるんだ?」と思われている方もいらっしゃるかと思いますので、これらを中心に解説していきます。 ELEVENとは ELEVENは、南米アルゼンチンで設立された「ラディカルフィットネス(RADICAL FITNESS)」によって開発されたHIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)プログラムです。 HIITとは高強度インターバルトレーニングのことで、少ない休憩(10秒くらい)を挟みながら、高強度・短時間の運動を繰り返すトレーニング方法です。激しい運動の為「アフターバーン効果」が期待できるます。 「アフターバーン効果」とは運動後にもカロリー消費が続くこと現象のことを言います。激しい運動の後に、体を元の状態に回復させるために血液中に酸素をめぐらせたり、呼吸や心拍数を整えたりするために、体のエネルギー(カロリー)が消費され続けるという現象です。 トレーニング後、72時間にわたってカロリーが消費され続けていたことを示す研究結果もあるようです。 そのHIITプログラムの一つであるELEVENですが、このアフターバーン効果により効率的に脂肪を燃焼させることが出来る優れたダイエットエクササイズになっています。   ELEVENの動き ELEVENは自分の体重(自重)を使ったトレーニングです。一回のトレーニングは15分か30分になっています。 ELEVENの動きは言葉で解説するのが難しいので、下の動画を見ていただけたらと思います。一つ目の動画が5分程度のELEVENの動画で、2つ目の動画が実際にやる30分のトレーニング動画になります。 https://www.youtube.com/watch?v=tpnR84Gf7vQ https://www.youtube.com/watch?v=0kinYsu5qA0 ちなみにですが二つ目の動画をご視聴していただくとわかりますが、このELEVENはとにかくきついです。 行う速さは自分のペースで構わないのですが、自分の限界を知り、その限界まで追い込むことが大切です。そうしないと「アフターバーン効果」が得られない可能性があるからです。 以前ご紹介したFIGHT DOは限界まで追い込まなくても効果はありましたが。このELEVENは追い込む必要があるのでかなりきつい運動です(もちろんFIGHT DOも限界まで追い込んだ方が効果は高いです)。    ダイエット効果 ELEVENによって得られる効果は下記の通りです。 トレーニング中およびトレーニング後に脂肪を燃焼しできる30分のセッションごとに300~400カロリーのカロリーを燃焼できる新陳代謝を高める敏捷性と柔軟性の向上脳内のエンドルフィンを放出によるストレスレベルの低下自分に自信が持てるようになる免疫システム全体の力を高める糖分濃度、血圧をコントロールするインスリン感受性を高め、ブドウ糖の消費量を増加させる(=糖尿病予防)体調、健康、美容を改善時間の節約(最大30分の為) 大切なのは1と11です。トレーニング後も脂肪を燃焼してくれる運動はなかなかないですし、それを15分/30分で出来るのは時間が取れない方にとっては嬉しい効果です。 また、ELEVENは朝行うのが良いかと思います。理由は朝やって1日中「アフターバーン効果」を起こすとこでダイエット効果が上がるからです。 私達は朝ELEVENをして、その後カロリー消費の多いFIGHT DOをするという流れでやっています。そうすることでFIGHT DOの効果をさらに上げて、より優れたダイエット・トレーニング効果が出るからです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 私が思う"燃焼度", "楽しさ", "難易度" 個人的なやってみての感想ですが、"燃焼度", "楽しさ", "難易度(高いほど難しい)"を10段階で言えばこのような結果になりました。 ...

【FIGHT DO】1時間で900kcal消費できるダイエットにおすすめのエクササイズ

皆様こんにちは。リラ吉です。 古今東西、多くの方が「理想の身体になる」ために努力をしてきました。 皆様の中にも、ジムに通ったり、家で運動してダイエットをしている方がいらっしゃるかと思います。最近はゲーム感覚でトレーニングが出来るリングフィットのような商品も出てきて、ダイエット方法は日に日に増えて言っている状態です。 今回の記事ではそんなダイエット方法の一つで、高いダイエット効果のあるトレーニング「FIGHT DO」についてお話ししたいと思います。 どちらかと言えば「FIGHT DOとは何か」「どんなダイエット・トレーニング効果があるか」についての記事になります。FIGHT DOをやってみての感想については下記の記事に書かれていますので、そちらをご覧ください。 【スポーツ】FIGHT DO🥊~極める!ファイ道~ FIGHT DOとは FIGHT DOは南米アルゼンチンで設立された「ラディカルフィットネス(RADICAL FITNESS)」によって開発された格闘技エクササイズです。格闘技エクササイズといっても実際に人を殴るとかはせずにあくまで格闘技の動きをするダイエット効果の高いエクササイズです。 キックボクシング、ムエタイ、マーシャルアーツの動きをベースに有酸素運動と無酸素運動の組み合わせにより、全身の筋力、持久力、俊敏性、柔軟性を効果的に向上させることができます。 武士道の「道」にかけてファイ「ドウ」と呼ばれ、愛好者は今や全世界に広がっています。 また開発元のラディカルフィットネスのエクササイズは世界45ヶ国(*2017年1月現在)の国々で導入され、ラディカル(革命的、先鋭的)なプログラムを提供し続けている組織です。創設以来の基本ポリシーは「安全、効果、楽しさ」であり、このポリシーの元、FIGHT DOも開発されています。 また日本国内でも多くのジム・フィットネスクラブでFIGHT DOを取り入れています。どこのフィットネスクラブで取り入れているかについてはこちらをご覧ください。 ジム・フィットネスクラブで行うほかに、YouTubeにいくつか動画がありますので自宅で無料でやることもできます。   FIGHT DOの動き FIGHT DOは下記のリストのパート(動き)を順番にやっていきます。WARM UPをしたら次にBOXパートをやって、次にMUAY THAIをやってというような流れです。 WARM UP(ウォーミングアップ)BOX(ボクシングパート)MUAY THAI 1(ムエタイパート)KICKS(キックパート)FIGHT 1(総合格闘技パート)SUPER BOX(ボクシングパート)FIGHT 2(総合格闘技パート)MUAY THAI 2(ムエタイパート)ABS(腹筋パート)COOL DOWN(クールダウン) 順番にやっていくとは書きましたが、場合によってはすべてをやるわけではありません。 エクササイズ時間は15分、30分、45分、60分の4パターンです。60分であればリストの1~10まですべて、15分であればWARM UPとCOOL...
PVアクセスランキング にほんブログ村

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事

【書評】偉人達から成功する方法が学べる「ロケット科学者の思考法」の要約・感想、実体験

皆様こんにちは。リラ吉です。 1962年、ジョン・F・ケネディが「10年以内に月に人間を着陸させ、無事に地球に帰還させる」と宣言しました。 しかしながら、当時NASAは月面に着陸船を支えるだけの硬さがあるかどうかもわからなかったですし、そもそも月面に行くためのロケットに使う金属ですら作られていませんでした。 また、月の周回軌道に入るには正確性が求められます。それは8.5メートル先の桃を目がけてダーツを投げ、実に触れることなくうぶ毛を剥がすほどの正確さです。 地球に帰還する際は、寸分の狂いのない角度で大気圏に突入する必要があります。それはコインに刻まれた180の溝から特定の溝を見つけるくらいの精密さが必要になります。 月に人間を着陸させ、無事に地球に帰還させるという不可能ともいえるミッションはジョン・F・ケネディの宣言の7年後に達成されます。 この偉大な飛躍はロケット科学者が用いた思考プロセスによって成し遂げられました。そして、その思考は現在においても多くの人が使い、成功しています。 その思考法について書かれた本が「ロケット科学者の思考法」です。この本は下記のような悩みを持つ方々にオススメできます。 仕事をしていても良いアイディアが浮かばず、悩んでいる改善が出来ないなかなか成長できない、あるいはもっと成長したいと感じているチームの成績が悪く、悩んでいる これらはかなり多くの方が当てはまると思います。なので社会人、学生問わず、万人におすすめできる本になっています。 今回の記事では、多くの成功者が用いており、上記のような悩みを解決する思考法が書かれた「ロケット科学者の思考法」をご紹介していきます。 内容の要約 不確実性を怖れない 当時、人間を月という未知なる場所へ送るということに確実な方法はありませんでした(=不確実なものだった)。そして現在も不確実なもの・未知のものは身の回りにあふれています。 不確実なもの・未知のものを私たち人間は怖れ、不確実な場所の中に確実なものを求めます。しかし、確実性を求めると、人間は今いる場所に留まり、下記の例ような表面的に安全な方法、おなじみの方法を取ってしまいます。 悪い状況なのに販売担当が相も変わらず決まった方法を繰り返し、それでいて違う結果を期待する起業したいと思いながら、将来性のない仕事を辞めない 決まった方法を繰り返すのは、安全でおなじみの方法ですし、仕事を辞めないというのは、給料という確実性(安定性)を求めるという、安全な今いる場所に留まるという人間の習性からです。 しかし成功するには確かなものを求める(=今の場所に留まり、安全、あるいはおなじみの方法を取る)のをやめて、未知に心を躍らせ必要が必要があります。 数学者のアンドリュー・ワイズは長年証明されていなかった(=未知であった)フェルマーの最終定理(3以上の自然数nについて、xn + yn = zn となる自然数の組は存在しない)に10歳の時に出会い、心を躍らせ、長い年月をかけて証明しました。そして証明までのプロセスを次のように灯りのついていない家の中を歩くことになぞらえました。 彼によれば、最初の部屋では手を伸ばし、何かに指で触れ、ぶつかったりします。幾度となく方向感覚を失い、混乱に陥りながらもライトのスイッチを見つけます。そしたら隣の部屋に行き、そのプロセスを繰り返すとのことです。 また、成功するためには無知であること(不確かであり、自分が知らないということ)を認めること大切です。「わかりません」という言葉を発する時、慢心がしぼみ、心が開かれ、まわりの声に耳を傾けるようになります。 ただ「わからない」「不透明」であることは恐怖の対象です。そんなときは「怖いものに名前を付ける、そして可能であれば、それが引き起こす最悪のシナリオと最高のシナリオを紙に書く」と良いとのことです。書きだすことで、自分が何を知っていて何を知らないかが明らかになるからです。 第一原理から判断する 「これがいつものやり方だから」が生む思考停止も危険です。時として、決まったやり方が出口を隠し、抜け出すのが難しくなることがあります。 プロセスとは過去に生じた問題に対処するための過程で生まれたもので、本質的に後ろを振り返ることです。時間がたてば時代遅れの手順のせいで目詰まりを起こします。 Amazonのジェフ・ベゾスは「若手が結果の悪さを『プロセス通りやったんですが』と正当化することがよくある。用心しないとプロセスが問題になりかねない」と忠告しています。「私達がプロセスを管理しているのか。プロセスが私達を管理しているのか」と問いかける習慣を身に着け、必要があれば知識を手放して最初からやり直す必要があるということです。 また「みんながやっている」も時によっては危険な考え方です。他の誰かが極めた何かを学ぶこともには大きな価値があります。そもそも学びの一歩目は真似をすることだからです。 しかし学びとやみくもな真似(猿真似)には違いがあります。 投資家のウォーレン・バフェットも「最も危険な言葉は『ほかのだれかもやっている』だ」と語っています。皆がやっている競争の真っただ中に入っていくということは「自分より前にいた人たちを相手にした賢さコンテストに巻き込まれる」ということだからです。 第一原理とは複雑な問題に関して、絶対に確実だと最も根本となる不変の基本法則・原則の事です。第一原理思考は自分の基本の要素(最も根本となる基本法則・原則)が残るまでその問題を分解、あるいは捨てることを言います。最終的に残ったものが不変の基本原則で、それ以外は変更の余地がある物事です。 イーロン・マスクはロケットを購入しようとし、アメリカ、ロシアの両方で法外な価格を提示されました。 ロシアからの帰国の途中。ロケットを買うのではなく、作るのはどうかと考えました。彼はロケットを最も小さい原材料まで分解し(=第一原理を考え)、その市場価値がどのくらいなのか調べていきました。 市場価値を調べた結果、材料費はロケットの価格の2%ほどしかなく、価格が大きくなる原因か外部委託であるということがわかりました。 そこでコストも品質も生産ペースを効率的に管理できる自社製造にすることにしました。さらに従来のロケットが再利用不可能だったのに対し、一部を再利用可能にしました。 第一原理思考の目的はイーロン・マスクのように基本要素を考え、身につけて、新しいものを作ることですが、それだけではなく、自分自身を分解、あるいは捨てて自分の中の原材料(=第一原理)を見つけ、新しい自分を作ることも出来ます。 自分の過去の実績を捨て、第一原理思考を自分自身に当てはめた人物としてスティーブ・ジョブズが挙げられます。 1985年、Appleから追い出されたジョブズは第一原理に立ち戻らざるを得なくなりました。成功者としての重圧が消え(捨て)、もう一度初心者になり、人生で最高に創造的な時期に入ることができたと語っています。 物事の問題、自分自身の問題の最も素晴らしい解決策とは、最小限の要素を使って最大限の問題を解くものとのことです。 思考実験で解決する アインシュタインが数々の偉業を成し遂げたのは空想にふけり、その中でひとつひとつの発明が実際にどう機能するのかをイメージするという思考実験の成果だと彼は述べています。 発明家のニコラ・テスラも頭の中で、芸術家のレオナルド・ダヴィンチはノートを使って思考実験をしていました。 彼らは所謂天才ですが、思考実験は天才だけのものでありません。自覚はないかもしれませんが、誰もが実験者で突然のひらめきを意識の下に隠しており、一見無用に思える好奇心からくる研究や思考実験がそうしたひらめきを明らかにするのに必要です。 しかしながら多く人は大人になるにつれ、好奇心は失われていきます。好奇心は子供がそうであるように遊び欲からくるものが多いですが、大人になると知識欲は美徳、遊び欲は悪とみなすようになってしまいます。 ただ知識と遊びは互いに補い合うべきであり、知識があり、そこに子供のような好奇心があれば、独自性を高めることが出来ます。 子供のような好奇心を取り戻す方法として、自由時間に7歳のころの自分をイメージするようにするといいとのことです。これを行った人はクリエイティブ思考をはかるテストの成績が向上したという研究結果もでています。 ムーンショット思考 月は私達の祖先が初めて空を見上げた時から、地球の向こう側を知りたいという原始的な本能に訴えてきました。しかしそれは人類には到底手の届かないムーンショットでした。 ムーンショット思考とは達成が難しそうな壮大な目標を掲げ、それを実現するために既存の価値観を打ち破る、独創的な方法で課題に取り組もうという考え方です。 もちろんムーンショットの中にはあまりに非現実的なものも存在します。何も全てのムーンショットを実行に移す必要はありません。 自分の将来を一つのムーンショットに賭けないかぎり、アイデアのポートフォリオのバランスが取れていれば、大半のアイディアが夢物語に終わっても、十二分に埋め合わせをすることができます。 ムーンショットを阻む大きな障害物はあなたの頭の中にあり、ムーンショットより小さい夢の方が賢いと信じるように刷り込まれています。 アイデアを出したらそれらを評価し、絞り込む必要があります。会議に出ると「アイデアを掘り下げてみよう」と言いながら、アイデアをこき下ろすのに忙しかったりします。「それは前にも試した」「幹部が許可しないだろう」と言ってアイデアの創出は始まりもしないうちに終わります。その結果、昨日と同じことをただ繰り返す羽目になるわけです。 質問を変える 問題を解決しようとする際、私達は本能的に答えを見つけたいと思います。 ただ問題に馴染みがあり、自分が正しい答えを知っていると思っていると、私達は他の答えを探すのをやめてしまいます。 社会人の世界では問題が整った状態で渡されることは滅多にありません。私達はそれを自分で見つけ、定義、再定義しなければなりません。 しかしいざ問題を見つけたら、もっと解決すべき他の問題があるかを考えずに、解答しようとしてしまいます。口では正しい問題を見極めるのが重要だと言っていながらです。 創造性に富む人々はしばらくの時間をかけて様々なアングルから問題を眺め、解決の段階に入っても問題の定義に変化を加える準備をしています。 方向転換をする 事実というのは頑固なものですが、私たちの頭はそれよりもさらに頑固です。賢明な人でさえ事実を目の当たりにしても、必ずしも疑念が解消されるわけではありません。頭は時として事実を受け入れられないのです。 私達は自分が信じていることを否定する証拠・事実を過小評価し。正当性を確認できる証拠・事実を過大評価する傾向にあります。 自分の理論の正当性を確認できるのは、自分が正しいと証明されるので気分がいいですが、対照的に、対立する意見を聞くのはイライラするし、不快な気分になります。皆さんも経験はあるかと思います。 ただ大切なのはリンカーンが「あの男は嫌いだ、彼のことをよく知らなければなるまい」といったように、自分の考えの正当性を証明することから誤りを証明することに方向転換することです。誤りに焦点を当てれば、対立する意見や主張に耳を傾け、もっと優れた考えを思いつく余裕が生まれてきます。 本番のようにテストし、テストしたように本番をする ロケット科学者の基本原則の中に「飛ぶようにテストし、テストしたように飛ばせ」というものがあります。 意思決定の多くはただの一度も試されることなく新製品を投入したり新たなアプローチを取り入れたりしています。しかし、それが失敗したときのコストに気が付いてきないことが多いです。 テストは今後のために不確実なものを明らかにする目的でも行わなければなりません。 正しいテストの目的は順調にいきそうなことを明らかにするのではなく、失敗する可能性のあるあらゆることを突き止めて、限界点見つけることです。 ロケット科学者も宇宙船を破壊しようとします。全ての欠陥を暴き出す為に、ネジ1本にいたるまで、宇宙で待ち受けている環境あるいはそれに近い環境に晒す必要があります。 また、テストの際に宇宙飛行士を追い込んで間違った行動をわざと起こさせます。それを教訓に宇宙で正しい行動を取れるようにする為です。 実際に体験するのと同じ状況に身を置くこと、そして時としてわざと失敗する事で正しい判断へ近づけるというわけです。 失敗を成功に変える 失敗はハッキリ言って嫌なものです。仕事で失敗したり、大学で単位を落とせば嫌な気分ですし、参加賞ももらえません。その上、成功した時の高揚感は一瞬なのに、失敗した時の痛みや無力感は長いこと続きます。 しかし、失敗からは多くのことを得られます。失敗し、学習し、調整と改善を重ねていくことが大切です。 失敗とはデータです。きちんと対処すれば失敗は最高の教師になります。エジソンも何も発見できなかった際、「このやり方で上手くいかないことがわかった。今度は別の方法で試してみよう」と語っています。 小さな失敗は予防接種のようなものです。小さな失敗(予防接種でいう弱毒された抗原の投与)をし、失敗を理解し、そこから学び、対処法を身に着けることで大きな失敗(大きな病気)を未然に防ぐ、あるいはダメージを少なくすることが出来ます。 また、たった一度の失敗と取り返しのつかない敗北と混同してはいけません。ひとつの失敗を終わりではなく始まりにすることができます。失敗は障害ではなく、進歩への入口なのです。 罰を受けない環境も必要です。優秀な成績のチームは「失敗しても罰を受けないチーム」「ミスを報告できるチーム」で、成績の悪いチームは「失敗すると侮辱される、怒鳴られるチーム」が多いという研究結果も出ています。 小さなミスはどんなに優秀なチームでも日々起こってしまいます。失敗を侮辱するようなチームでは、小さなミスは報告しなくなります。小さなミスを報告せず、沈黙を守り続けることがもたらす長期的に結果は最悪なものになってしまいます。失敗しても罰を受けない、失敗を報告できる環境は成長し、成績を上げるには必要な環境なのです。 成功は失敗のもと スペースシャトルコロンビア号が空中分解し、7人の宇宙飛行士全員が死亡した原因は発泡断熱材がはがれて左翼に衝突し、耐熱パネルに穴が開いてしまったからでした。 しかし、コロンビア号の惨事の前も、断熱材は毎回剥がれ落ちており、それでも打ち上げは成功していたため、NASA内ではこのままでいいという信念が強くなってしまっていました。 偶然勝ちが続いていても次は勝てるとは限らないのです。ビルゲイツが言ったように成功は「ひどい教師」であり、成功は自分は失敗するはずないと勘違いさせるのです。 いくつかのミスをしても、結果として成功することは実際にはあります。しかし、こういうミスは成功の影に隠れてしまいます。 私達は成功したが、ミスもしたし、無駄なリスクもとった、と反省しなければ、その先には惨事が待っています。 成功しても失敗しても事後分析をすべきであり、成功していたとしても、上手くいかなかったこと、どんな運やチャンスや有利な条件に恵まれたか、そこから何を学べる考えなければいけません。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 個人的な感想 個人的な感想としては、内容は難しすぎず、簡単すぎずの内容ですが、例が多く非常に理解しやすかったです。 少し意外だったのが、最初に月面に行くためのロケットの話をしたので「月に行くまでの課題や乗り越えた方法」が書かれているのかと思いましたが、アインシュタインなどの偉人やジェフ・ベゾスやイーロン・マスクなど、ここ近年有名になった方の話が多かったことです。 近年の話のほうが身近であり、理解しやすかったので、特に気になりませんでしたが、人によっては「月面に行った時の話をもっと」書いてほしいと思う方がいてもおかしくないかなとも思いました。 内容に関してはどの章に書かれていることも仕事、勉強をしていく上で使える内容だったので得られるものは多かったです。 値段は1800円+税でしたが、ページ数も約400ページとそれなりの長さであり、内容が良かったのもあり、確実に値段以上の価値があるなとも感じました。 欠点を挙げるなら「図がないこと」です。図は文字よりも理解しやすく、また記憶にも残るので、あればよかったなと思いました。   私の実体験 「思考実験をする」が手を付けやすい まだ現在進行中ですが、私の経験で、この本に書かれている章の中で手を付けやすいと感じているのは「思考実験をする」です。 理由は思考実験の一歩目が「好奇心を持つ」と言うことだからです。これは他の章に書かれているよりも一歩目を踏み出しやすいと感じました。 好奇心を持つ方法は人によって違いますが、私の場合は週に一つは自分がやったことのない、新しい事をするようにしています。 新しい事をやると意外と面白く、好奇心を持てるようになります。まだ、上司や先輩に提案できるほど良いアイディアは浮んではいませんが、「これはもしかしたら仕事で使えるかもしれない」というレベルの考えは確実に増えました。 小さなムーショットの実現 私の経験上、この本の章に書かれていることを組み合わせることもでき、そして組み合わせた結果、良い方向へ進むことが出来ます。 今になって思えば無意識にロケット科学者の思考をしていた結果なのですが、私はアメリカの大学院に進学・卒業しました。私にとってこれは小さなムーンショットでした。 なぜアメリカの大学院に進学したか(できたか)ということを今になって掘り下げてみると「不確実性を恐れない」「思考実験」「ムーンショット思考」「失敗を成功に変える」の組み合わせの結果でした。 その過程を思い返すと、まず私は小6の頃、好きな人がいました。その子はバンドマンのお兄さんの影響を受けており、よくThe Beatlesの話をしてくれたのを覚えています。好きな子への好奇心から、私は当然The Beatlesを聴きました(さすがに小学生の頃は歌っている意味は分かりませんでしたが)、そしてThe Beatlesがきっかけで他の洋楽や英語に対する好奇心が芽生えました。 中学生で英語を学び、中三になる頃には「海外(イギリスかアメリカ)の学校へ行きたい」と思うようになりました。「不確実を怖れない」に書かれている、海外の学校という小さな未知に心を躍らせていたわけです。 ただ、「海外の学校へ行きたい」と思い始めたのには理由はなく、自然にそういう夢(私にとってはムーンショット)を持つようになっていったのですが、今になって思えば、中学生にとっての全てともいえる学校という世界と好奇心を持ったイギリスやアメリカの音楽(洋楽)、そして英語を無意識下で組み合わせたのだと思います。これも自分の世界観と好奇心の融合さえた一種のアイディアなのだと思います。 そこからはひたすらその小さなムーンショットを実現する為にひたすら失敗です。自分の能力と必要な能力を比較する思考実験で失敗し、実際のテストでも失敗しました。 私はお世辞にも勉強ができる子ではありませんでした。ハッキリ言うと人並以下です。しかし、ない頭でもミスをしては復習し、またミスをしては復習しを何度も繰り返し、ようやく自信がついた時には大学生になっていました。 そして最終的にはアメリカの大学院に進学しました。無意識下ではありましたが、「不確実性を恐れない」「思考実験」「ムーンショット思考」「失敗を成功に変える」をやった結果、私の小さなムーンショットは実現されました。 このようにこれらの項目は独立して機能するパターンもあると思いますが、組み合わせることも出来るかと思います。   まとめ 以上がロケット科学者の思考法の要約・感想、個人的な経験になります。 過去の偉人や現在活躍している方々の考え方が学べるため、仕事をしている方にも勉強をしている方にも非常におすすめです。 お値段的にもこの内容であれば確実に安いと感じられるかと思います。 なので、もしご興味がある方は書店等でぜひ手に取っていただけたらと思います。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉 ロケット科学者の思考法 価格:1980円(税込、送料無料) (2021/6/12時点)楽天で購入

【美容】女性にも男性にもお勧め!ヘッドスパの効果と体験談

皆様こんにちは。リラ吉です。 皆様はヘッドスパをご存知でしょうか。 全く聞いたことない方、聞いたことはあるけどよく知らない方もいらっしゃるかと思います。 ヘッドスパには様々な効果があり非常にオススメですので、今回は私の体験談も含めてお話します。 ヘッドスパとは まずヘッドスパとは何かというところからですが、ヘッドスパは文字通り頭のスパで、スパニストさんに頭皮を洗浄さてもらったりマッサージしてもらうことをいいます。 ヘッドスパというと髪のケアというイメージがありますが、どちらかといえば頭皮をケアのほうがメインになります。 その方法はオイルを用いるバリ式やインド式はもちろん、超音波型など様々ですが、どの方法もリラックスしながら頭皮、毛根に溜まった老廃物を流し、頭皮や髪の健康を維持ことが目的です。 また頭皮を健康に保つことによって、フェイスアップの効果があると言われており、美容のために活用する方もいらっしゃいます。   ヘッドスパの効果 血行促進 現代人にとって、ストレスというのはなかなか避けて通れないものになっています。 仕事や勉強、人間関係でストレスが溜まっている方は多いかと思いますが、ストレスが溜まると血行が悪くなってしまいます。 頭には多くのツボがあります。頭のマッサージをしつつ、ツボを押してもらうことにより、全身の血行が良くなります。 抜毛・白髪防止、髪質向上 ヘッドスパによって頭皮の汚れや毛穴にたまった皮脂を落とすことで、頭皮の状態(つまり毛根にとっての環境)が良くなります。 また上記の血行促進の効果にもより、髪にしっかり栄養が送り込まれやすくなる為、髪の毛の状態が良くなるのが抜毛や白髪を防止し、髪質を向上させる要因になります。 リラックス効果 ヘッドスパはアロマの香りのなか行われます。使うアロマはお店によっては自分で選べたり、お店が最適なものを選んだりと様々ですが、アロマによるリラックス効果が期待できます。 また、マッサージによるリラックス効果も期待できます。 リフトアップ・アンチエイジング 顔の筋肉を上げることはリフトアップ効果やアンチエイジング効果があると聞いたことがあるかと思います。 凝り固まった頭皮をしっかりほぐしてて上げることで、頭の筋肉を上げることがあできます。 顔の筋肉を引っ張っているのは頭の筋肉です。頭の筋肉を上げることによって顔の筋肉も上がり、リフトアップ、アンチエイジング効果が期待できます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 体験してみての感想 私やっていただいたスパはバリ式のヘッドスパ、いわゆるクリームバスというものでした。 いくつかのアロマの中から最大3つまで選び、そのアロマを使ってツボが集中する頭をマッサージをしていくというものでした。 私が選んだ3つはティートゥリー、ラベンダー、クレープフルーツでした。選んだ理由は単純な香りの好みです。 また、頭だけでなく、腕、肩、背中もマッサージしていただきました。 マッサージは予想以上にしっかりと揉みほぐすようなマッサージでした。 イメージでは肩や腰が凝っているときにマッサージしてもらうと「おおおお」声が出そうになりますが、それの頭皮バージョンと思っていただけたらと思います。 凝った頭をほぐしてもらうときは非常に気持ち良かったです。 個人差はあるとは思いますが終わった後は頭、身体がすごく軽くなった印象でした。私は抜毛、白髪防止の効果があるとは思っていましたが、身体に対してここまでここまで効果があるのはビックリしました。 頭のマッサージでここまで軽くなるのは また、髪が少しサラサラになったような気がします。あとは自分では見ることは出来ないのですが、頭皮の色が変わったとのことでした。 個人的にはそろそろ抜毛、白髪防止をしていこうと考えていますし、非常に気持ち良かったのでまた利用したいと思います。 こんな人にオススメ オススメできるのは下記のような悩みをもった方です。 抜毛・白髪を防止したい髪質を向上させたいリフトアップしたいリラックスしたいストレスが溜まっている どれも男女問わず持っている悩みだと思います。そういう意味ではヘッドスパは多くの方におすすめできます。 上記のような悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたらヘッドスパに行ってみることを検討してみてはいかがでしょうか。   まとめ 以上がヘッドスパの説明および私の体験談になります。 ヘッドスパは現代人の悩みに対して良い効果きたいできるものになっています。 本記事で解説したような悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら是非行ってみてください。結構楽しいですよ。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉

【2021年 5月】ポートフォリオ・運用実績紹介

皆様こんにちは。リラ吉、リラ子です。 5月頭に投稿したポートフォリオの記事から、1ヶ月経過いたしました。 今回は第4回ポートフォリオ公開をさせていただき、前回と比べてどう変化したのか見ていきたいと思います。 リラ吉ポートフォリオ 株・ETF 銘柄株数取得単価現在値評価額損益損益(%)TSLA10$176.75$625.22$6,252.20+$4,484.70+253.73%AMZN1$1,946.57$3,223.07$3,223.07+$1,276.50+65.58%VOO7$285.40$386.13$2,702.91+$705.14+35.30%MSFT10$165.38$249.68$2,496.80+$842.96+50.97%AAPL12$82.18$124.61$1,495.32+$509.21+51.64%SPYD30$28.84$41.64$1,249.20+$383.87+44.36%VYM10$82.25$106.81$1,068.10+$245.57+29.86%HDV9$82.19$98.10$882.90+$143.17+19.35%NEE12$57.16$73.22$878.64+$192.73+28.10%JNJ5$141.12$169.25$846.25+$140.64+19.93%JPM5$97.03$164.24$821.20+$336.06+69.27%ABBV7$87.31$113.20$792.40+$181.20+29.65%MO15$42.11$49.22$738.30+$106.63+16.88%XOM12$43.32$58.37$700.44+$180.57+34.73%PM7$74.98$96.43$675.01+$150.18+28.62%KO10$46.75$55.29$552.90+$85.41+18.27%PG4$121.51$134.85$539.40+$53.35+10.98%DIS3$169.07$178.65$535.95+$28.75+5.67%CRWD2$155.42$222.15$444.30+$133.46+42.94%VZ7$56.16$56.49$395.43+$2.33+0.59%ARCC20$14.06$19.47$389.40+$108.16+38.46%AGG3$114.92$114.55$343.65-$1.11-0.32%PBCT17$13.08$18.91$321.47+$99.0644.54%VT1$102.20$102.91$102.91+$0.71+0.69%合計$28,448.15$10,389.25+57.53%  グラフ var ctx = document.getElementById("myMixChart"); var myMixChart = new Chart(ctx, { ...

【色褪せ・色落ち復活】New Balance(ニューバランス)を綺麗にしてもらいました

皆様こんにちは。リラ吉です、 New Balance(ニューバランス)は非常に人気のある靴メーカーで、特にUSA製やUK製の靴は非常に歩きやすくファンも多いです。 そんなUSA製、UK製のNew Balanceの中でもネイビーのスエードの靴は様々な服装に合わせやすく、人気のカラーとなっています。 しかし、New Balanceのネイビーのスエードの靴は色落ちが激しいという欠点があります。 今回はそんな色落ちした靴を直していただいたというお話をしようかと思います。 New Balanceの色褪せ(色落ち) ネイビーのニューバランスの元々の色は下の写真の色になっています。私の持っているシューズはM1400ですが、他のネイビーのシューズも同じような色です。 しかしながら、このネイビーが時間とともに下の写真のように色褪せ(色落ち)してしまいます。ぱっと見では同じシューズとは思えません。おそらく多くの方はネイビーのシューズではなく。グレーのシューズだと思うでしょう。 色褪せてしまう大きな理由は紫外線のようです。しかしながら、靴を履いて外に出れば紫外線には当たってしまいます。なので色褪せは避けることは出来ませんでした。 避けられなかったとはいえ、このように色褪せしてしまった以上、買い替えるしかないかなと思っていたのですが、思い出のある靴をそうそう手放すことは出来ません。 そこでプロの方に話を聞いたところ、近い色に戻すことは出来るとのことでした。 スエード用の補色材で自分でもできるみたいですが、自分でやって失敗するの嫌ですし、ムラが出てしまいそうでしたので、このシューズをその方に直していただきました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 色褪せの修復 今回依頼させていただいたのは「くつみがきのチレミイ」さんです。店主はNew Yorkの靴修理店にて靴磨きを始め、帰国後に日本で靴磨き屋を開いた方です。 くちみがきのチレミイさんに依頼して、一週間くらいして、次の写真のように見事な色になって戻ってきました。 下の依頼前と依頼後の比較画像を見るとかなり異なるのがわかります。靴の中を見られない限り、新品と間違えるくらいレベルです。 また色だけでなく、ソールや紐の汚れもきれいになっているのがわかります。また、写真ではわかりませんが、靴の中も殺菌していただいきました。 上記の通り、自分でも修復はできるようですが、素人ではこれほど綺麗にすることは難しいかと思います。綺麗にしてくださった、くちみがきのチレミイさんに感謝です。   まとめ 今回はNew Balance(ニューバランス)の靴を綺麗にしていただきました。 このような補色は下の商品ようなスエード用の補色材を使用すれば自分でもできます。 しかしながら、私のように腕に自信がない方や時間のない方はプロの方に依頼するのが良いかと思います。 今回私が依頼したお店以外にも補色や靴磨きをしているお店は沢山あるかと思います。 もし皆様が色褪せしてしまった、あるいは汚れてしまった思い入れのある靴をお持ちであれば、一度近くのお店に持って行ってみてください。きっと直してくださるかと思います。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉

【和菓子】美しすぎて食べるのがもったいない京羊羹「天の川」

皆様こんにちは。リラ吉です。 今回はこれからの時期にぴったりな羊羹「天の川」をご紹介します。 「天の川」がどんな羊羹なのか、またどんな味なのかについて書きますので、お読み頂けますと幸いです。 天の川とは 天の川は慶応元年(1865年)創業という150年以上歴史のある京都の老舗和菓子屋「七條甘春堂」が販売している羊羹です。 天の川の1番魅力はその見た目です。下の写真が天の川になります。 その名前の通り、美しい夜に煌めく天の川と星々をイメージした見た目です。 あまりの美しさに食べるのを躊躇ってしまいます。 味 この羊羹は夜空をイメージした琥珀羹(寒天)、その下に味甚羹、小倉羹の計3層で出来ています。 見た目は派手ですが、味については琥珀羹はさっぱりした味、味甚羹は甘めのお米のような味、そして小倉羹は流石老舗和菓子屋、甘過ぎない、小豆の味がしっかりした味になっています。 どの層も異なる味ですが、一緒に食べてもそれぞれの味が主張し過ぎたりすることなく、バランスの取れた味になっています。 もちろん、バラバラに食べてそれぞれの層を味わうことも出来ます。色々な食べ方が出来るのは大きな魅力です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({}); 購入場所・値段 購入できる場所はオンラインの他、本店・大手筋店・JR京都伊勢丹店・京都タワー店・MOMOテラス・北千住マルイ(東京)その他、取り扱い百貨店または百貨店催事「京都展」とホームページには記載してありました。なので、基本的には京都、あるいは東京でのみ店舗での購入が可能となっています。 ただ上記の通り、オンラインでも購入は可能です。日本国内であれば、どこにいても変えるというのは嬉しいですね。 注意点は購入できる期間が限られていることです。購入できるのは6/1〜8月末頃までです。 天の川というと夏のイメージですから仕方ないですね。限定感があって個人的には良いかと思います。 まとめ 以上が京都の老舗和菓子屋「七條甘春堂」が販売している羊羹「天の川」になります。 非常に美しいので1人で買ってきて写真を撮り、InstagramなどのSNSに投稿してもよし、家族や恋人の為に買ってくるもよし色々な楽しみ方があります。 また見た目だけでなく、味も非常に美味しいので、気になる方がいらっしゃいましたらぜひ店舗、あるいはオンラインで購入してみてください。 今回は以上です。それではまた。 リラ吉